PR
PR

核ごみ文献調査 知事に撤回要請 5市民団体が文書

[PR]

 生活クラブ生協北海道や北海道平和運動フォーラムなど道内五つの市民団体は15日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査を受け入れた後志管内寿都町と神恵内村に、調査の撤回を申し入れるよう鈴木直道知事に文書で要請した。

 要請書は「北海道を核のごみ捨て場にしない」ことを目標に掲げている。同生協の山崎栄子理事長が道環境・エネルギー課の川畑千エネルギー政策担当課長に要請書を手渡した。

【関連記事】
<特集>核のごみ

残り:132文字/全文:353文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る