PR
PR

道内16日から大荒れ 気象台「数年に一度の猛吹雪」

 急速に発達する低気圧の影響で、道内は16日から17日にかけて、広範囲で大荒れとなる見通しだ。札幌管区気象台などは石狩、宗谷、留萌など日本海側で16日は「数年に一度の猛吹雪となる見込み」として、暴風雪や高波、吹きだまりによる交通障害に警戒し、外出を控えるよう呼び掛けている。

 気象台によると、二つの低気圧が日本海側と太平洋側から発達しながら接近。太平洋側東部では16日未明から暴風や高潮に、日本海側や太平洋側西部では16日朝から暴風雪となる。その後、二つの低気圧はサハリン沖で合体して南下し、再び道内を通過する見通しで、17日も日本海側を中心に風雪が強まる。

 16日の最大瞬間風速は、太平洋側東部の海上で45メートル、日本海側と太平洋側西部の海上で40メートル、その他の陸上で35メートルと予想する。波も高く、太平洋側と日本海側南部で8メートルに達する見込み。17日正午までの24時間降雪量は日本海側の多いところで50センチ、太平洋側で40センチとなる可能性がある。

 気象台と開発局などは15日、暴風雪に対する緊急発表を行った。暴風雪による車の立ち往生や高潮による低い土地の浸水が発生する恐れがあり、「不要不急の外出を控えて」と呼びかけた。(金子文太郎)

【関連記事】
道内荒天 16日は107校が休校 根室に避難所開設
北海道の防災情報(避難所やお知らせ)

全文:576文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る