PR
PR

20 シマエナガ ふっくら丸い人気者

雪の重みで倒れた草の茎にとまるシマエナガ
雪の重みで倒れた草の茎にとまるシマエナガ

 「ジュルジュル、リリリ」。小鳥のかわいらしいさえずりが、弟子屈町の森の中から聞こえてきた。シマエナガだ。

 真っ白なシマエナガは体長14センチほど。ふっくらした丸い姿はゆきだるまを連想させ「雪の妖精」と呼ばれる。野鳥愛好家のみならず幅広く愛される小鳥で、毎年のように写真集が出版されるほか、ぬいぐるみなどさまざまなグッズのデザインになる人気者だ。

残り:176文字/全文:349文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る