PR
PR

【道スポ】コンサ 川崎に惨敗

 北海道コンサドーレ札幌は、J1川崎と練習試合(45分×4)を行い、合計スコア3―14で大敗した。主力組で先発したMF深井一希(25)は、大量失点を猛省。27日に迫るリーグ開幕戦へ向け、守備の立て直しを誓った。この日で沖縄1次キャンプを打ち上げた札幌は、3日間のオフを挟み、17日から熊本で2次キャンプを行う。

 昨季のリーグ王者に、圧倒的な実力差を見せつけられた。主力組で臨んだ1、2本目は0―7の完敗。90分間ボランチで出場した深井は「すごく反省するところが多い試合になった」と唇をかみしめた。

 構築した守備網が、ズタズタに切り裂かれた。昨季から取り組むマンツーマンディフェンスは、機能不全に陥った。札幌は前線からプレスを仕掛けたが、川崎の巧みな連係に翻弄された。DF陣は軽快なワンタッチパスに付いていけず、マークを外され、何度も最終ライン裏のスペースを突かれた。

 戦術がはまらず、18分の初失点を皮切りに、次々とゴールを奪われた。終始ボールを支配され、球際の攻防も歯が立たず。深井は「自分たちがもっとボールを握って試合をコントロールしないと。守備も局面で勝てないと厳しくなる。今すぐにでも改善したい」と、浮き彫りになった課題を正面から受け止めた。

 J1王者に屈したが、沖縄キャンプでは十分な手応えも得た。完全非公開だった10日の試合を除けば、対外試合は3勝1敗1分。悲観する材料は決して多くない。深井は「みんなで反省して公式戦に向けて頑張りたい」。2次キャンプ地の熊本で、総仕上げに入る。(宮西雄太郎)<道新スポーツ2月14日掲載>

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る