PR
PR

大川小の遺族、教訓語る オンラインで「むすび塾」

 北海道新聞社、河北新報社など全国の地方紙、放送局12社でつくる「311メディアネット」は13日、防災・減災ワークショップ「むすび塾」をオンライン形式で開催した。

 東日本大震災の教訓を伝えて、防災機運を高めるむすび塾の活動は100回目。新型コロナウイルス対策のため初めてオンライン形式で実施。全国の高校生、大学生ら15人が防災・減災について意見交換した。

 詳報は3月上旬に掲載します。

残り:237文字/全文:430文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る