PR
PR

石狩レッドフェニックス 選手出そろう 来シーズンから道野球リーグ参入へ

 【石狩】道内の野球独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」に来季加盟予定の石狩市の新球団「石狩レッドフェニックス」は、5月の開幕に向け準備を進めている。トライアウト(入団テスト)で道内外の選手21人の入団が決まっており、5日には選手が市役所を訪れ、完成したユニホームをお披露目した。

 5日、同球団の老田よし枝代表と選手ら5人が市役所を訪問。ユニホームは「勝利、情熱、闘志」などの意味があるチームカラーの赤を基調に、「ISHIKARI」の文字をあしらった。木谷一紀選手(24)=千歳市出身=は「地域貢献と野球と両方を頑張りたい」と抱負を述べた。加藤龍幸市長は「さまざまな形で交流を深め、『おらがまち』の球団として身近な存在になってほしい」と激励した。

残り:440文字/全文:764文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る