PR
PR

旭医大学長との契約 滝川市「当時の担当者が妥当と判断」

[PR]

 【滝川】市立病院が約14年間にわたり、旭川医科大の吉田晃敏学長に「医療情報アドバイザー」として総額6920万円を払っていたことに関し、市議会全員協議会が2日、非公開で開かれた。関係者によると、前田康吉市長は月額40万円の報酬について「当時の担当者が妥当と判断したと認識している。今後、(同様の契約をする際には)よく検討しなければならない」と述べたという。

 同協議会は市議会側の求めで開かれ、市議は全16人、市側からは前田市長や病院担当者らが出席。冒頭、担当者が学長との契約は同病院の改築時期にあたる2006年7月から始まり、必要な時に医療情報や病院経営を相談できるものだったと説明したという。病院の記録では、吉田学長が約14年の間に滝川を訪れたのは3回だった。

【関連記事】
吉田・旭川医科大学長に月40万円 滝川市立病院「助言料」14年以上
「まるで上納金のよう」 旭医大学長アドバイス料 あきれる学内関係者
滝川市立病院が旭医大学長に毎月40万円 高額報酬に市民疑問

残り:127文字/全文:559文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る