PR
PR

ヒマワリ油復活し魅力発信 北竜町が大臣表彰 ふるさとづくり大賞

 【北竜】地域活性化に尽力する団体や個人に贈られる本年度の総務省「ふるさとづくり大賞」で、町が道内唯一の地方自治体表彰(総務大臣表彰)に選ばれた。一時中止した町産ヒマワリ油の製造を、食用油大手の日清オイリオグループ(東京)との連携によって復活させ、まちの魅力発信につなげた点が評価された。町は受賞を弾みに、ヒマワリ油のさらなる販路拡大や新商品開発に力を入れる考えだ。

 町産ヒマワリ油の製造が始まったのは1980年。健康食品として親しまれていたが、施設の老朽化などで2003年に製造休止した。しかし、観光産業への影響を懸念した町民から再開を願う声が高まり、町は日清オイリオの協力を得て、官民連携の「ひまわり油再生プロジェクト」を発足。16年度に「燦燦(さんさん)ひまわり油」の商品化にこぎつけた。

【関連記事】
<特集>キタ×コレ~北海道をおいしく、旅する~

残り:318文字/全文:694文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る