PR
PR

異業種参入 畜産業が洋菓子ブランド パティシエはフランスで修業 せたな

 【せたな】ブランド豚肉「若松ポークマン」で知られる檜山管内せたな町北檜山区松岡の高橋畜産(高橋洋平社長)が食肉加工品と洋菓子のブランド「サッカムセタナイ」を立ち上げ、予約制でケーキの販売を始めた。パティシエの高橋友里菜さん(30)はフランスで修業した経験もあり、素材にこだわったケーキが人気を集めている。

 「サッカムセタナイ」はアイヌ語で乾燥肉とせたなを意味する。高橋社長の弟の広大さん(35)がハムやベーコンなどの食肉加工品を、広大さんの妻の友里菜さんが洋菓子を担当し、昨年11月に立ち上げた。

残り:484文字/全文:733文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る