PR
PR

旭川厚生病院、外来診療を全面再開 救急は2月1日から

[PR]

 【旭川】新型コロナウイルスの国内最大規模となるクラスター(感染者集団)が発生した旭川市の旭川厚生病院は27日、外来診療を約2カ月ぶりに全面再開した。救急は2月1日に再開する方針。

 外来診療は感染防止のため完全予約制で、一日の患者数も従来の5~7割に抑える。3カ所ある入り口も中央玄関1カ所のみに限定し、外来患者には診察までに2回の検温を行う。

 同病院のクラスターは昨年11月21日に認定され、新型コロナの新規感染者の受け入れや、救急、外来診療を休止していた。これまでに計311人が感染。同病院は今月26日、昨年12月30日以降、院内で新規感染者が確認されていないとして、クラスターの終息を宣言した。(綱島康之)

全文:306文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る