PR
PR

小樽のコロナ感染拡大 識者の見方

[PR]

■市中感染 既に発生か 札幌保健医療大の小林清一教授(臨床免疫学)

 小樽では市中感染が既に起こっていると見られる。クラスター自体は感染経路が分かるが、どこからウイルスが持ち込まれたのかは不明のことが多い。市中感染した人がクラスターの原因となっているのではないか。飲食店の時短営業を要請している札幌と比べ、小樽は感染地域との往来を自粛する道全体の対策にとどまっており、何らかの対策が必要だ。新型コロナは主に飛沫感染のため、マスクを外す会食が最もリスクがあることを十分に意識してほしい。

【関連記事】
小樽過去最多の35人感染 クラスター拡大続く

残り:484文字/全文:753文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る