PR
PR

二十数年前に元生徒に性的行為、中学教諭を懲戒免職へ 札幌市教委 東京高裁の認定受け

[PR]

 札幌市立中学在校中から男性教諭により性被害を受けたとして、札幌出身で東京在住の写真家石田郁子さん(43)が市などに損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁が性的行為を認定する判決を出したことを巡り、札幌市教委は27日、市内の中学に勤務する男性教員を懲戒免職処分とする方針を固めた。28日の教育委員会会議で決定する。

 市教委は、わいせつ行為や淫行を行った教員は「原則免職」にすると指針で規定。東京高裁が判決で性的行為を認定したため、今月7日から男性教員に聞き取り調査を実施した。高裁判決を覆す新事実はなく、指針に基づいた処分を行うという。

【関連記事】
教員から性被害 札幌市教委に懲戒免職を申し入れ
男性教員の性的行為認定「重く受け止める」 札幌市長
性被害巡り「教諭を調査」 札幌市教委回答 元生徒は説明要求
元生徒への性的行為を再調査 札幌市教委 高裁認定受け教員聴取
教員から性被害でPTSD 東京高裁も請求棄却 札幌出身女性

残り:177文字/全文:584文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る