速報
PR
PR

旭医大が病院長を解任 学長発言「漏えい」、本人は否定

 【旭川】旭川医科大学(吉田晃敏学長)が25日、同大病院の古川博之病院長を解任したことが、関係者への取材で分かった。吉田学長が昨年11月、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した市内の病院について「コロナを完全になくすためには、あの病院が完全になくなるしかない」と発言した学内会議を、古川病院長が録音し外部に漏えいしたなどとして、大学法人の理事らで構成する同大役員会が「職務上の義務違反」に当たると判断したという。古川病院長は北海道新聞の取材に対し、録音と漏えいを否定している。

 旭医大を巡っては、古川病院長が昨年11月、新型コロナの患者受け入れを吉田学長に求めた際に「受け入れるならおまえが辞めろ」と言われたと同12月に証言。文部科学省が「事実であればパワーハラスメントにあたる」として事実関係を調査している。

【関連記事】
「学長が患者拒否」 旭医大病院長 受け入れ巡り証言
旭医大学長発言「パワハラの恐れ」 文科省が調査
吉田病院、市と旭医大批判 旭川・大規模クラスター HPに「支援拒否された」
文春「吉田病院なくなるしかない」発言釈明 旭医大・吉田学長「意図と違う」
吉田病院巡る発言、旭医大学長が謝罪

残り:468文字/全文:975文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る