PR
PR

豊平館の歴史 絵はがきで 誕生140年で講演会 札幌

 札幌市中央区の中島公園内に立つ豊平館の誕生140年を記念した講演会が24日、豊平館で開かれた。北海道博物館の三浦泰之学芸主幹(46)が明治時代にさかのぼる豊平館の歴史を当時の絵はがきなどを元に紹介。参加した市民は当時の札幌の様子に思いをはせていた。

 豊平館は1880年(明治13年)、官営のホテルとして現在の大通公園付近に完成し1958年、中島公園内に移った。講演では北海道博物館が所蔵する豊平館の写真がデザインされた絵はがき29枚を参考に、外観や立地の変遷を説明した。

残り:198文字/全文:434文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る