PR
PR

「読まれて完成」思い強く 直木賞・西條さん喜び会見 芥川賞・宇佐見さん「胸いっぱい」

 「心淋(うらさび)し川」で直木賞に輝いた西條奈加さん(56)=十勝管内池田町出身、東京都在住=は20日夜、都内のホテルで記者会見に臨み、「コロナ禍になり、読者に読んでもらって小説は完成するという意識が強くなった」とファンに感謝した。

 「今はただ緊張している」と語った西條さんは茶色いチュニックと黒のパンツ姿で登場。25年ぶりに全員が初候補という中で最年長。選考委員から「変わった長屋に一つの世界を作り上げており、手慣れた短編連作」と完成度を高く評価された。

【関連記事】
アーカイブ 直木賞受賞 西條奈加さん

残り:850文字/全文:1103文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る