PR
PR

ウポポイ「観光起爆剤に」 施政方針演説 アイヌ民族の権利言及せず

[PR]

 菅義偉首相は18日の施政方針演説で、昨年7月に開業した胆振管内白老町のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」について「アイヌ文化の素晴らしさを体感できるよう、さまざまなイベントを充実させ、観光の起爆剤とする」と述べた。

 新型コロナウイルスを克服した上で観光立国を再び目指すとし、具体策を羅列する中で言及した。アイヌ民族の権利回復や共生社会の実現、文化振興などには触れなかった。(鈴木誠)

PR
ページの先頭へ戻る