PR
PR

IR検討「時間不十分」 道が申請見送り

[PR]

 鈴木直道知事は14日の記者会見で、政府が昨年12月にカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の申請期限を延期したことについて、「十分な検討時間が確保されたとは言えない」と述べ、改めて今回の誘致申請を見送る考えを示した。

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当初7月30日だった申請期限を9カ月延ばして来年4月28日とした。検討時間が不十分とした理由について、知事は「感染の収束と今後の世界経済全体の動向が見通せない」などと説明。一方で「今後も北海道らしいIRの構築に向けて議論を進めていくことが必要」とも述べ、誘致検討の姿勢を堅持した。

【関連記事】
苫小牧市、道に「IR再挑戦を」 環境、インフラで課題解決案 道は「慎重」

残り:125文字/全文:441文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る