PR
PR

トランプ大統領弾劾訴追 2度目は米史上初 米下院「議会襲撃を扇動」

 【ワシントン平畑功一】米下院本会議は13日、トランプ大統領の支持者による議会襲撃を扇動したとして、トランプ氏の弾劾訴追決議案を賛成多数で可決した。与党共和党からも10人が賛成した。トランプ氏は2019年にも「ウクライナ疑惑」を巡って弾劾訴追されており、在任期間中に2度にわたって弾劾訴追されるのは米国史上初めて。米国の民主主義を根幹から揺るがした前代未聞の襲撃事件は、20日の退任を目前に控えた大統領の責任を、弾劾訴追で追及するという極めて異例の事態に発展した。

 賛成232、反対197で可決された弾劾訴追決議は、トランプ氏が支持者らに「死ぬ気で戦わなければ国を失う」と議会での無法行為を意図的に助長したと糾弾した。民主党は全議員、共和党からも下院ナンバー3のチェイニー議員らが賛成に回った。

残り:678文字/全文:1025文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る