PR
PR

札幌の「ポロクル」石狩の倉庫で点検 シェア自転車 春を待つ

 【石狩】札幌市中心部で夏の間、市民や観光客の足として活躍したシェア自転車「ポロクル」が石狩市内の倉庫に保管され、保守点検や修繕を受けながら今春の利用再開を待っている。

 ポロクルは電動アシスト付き自転車を共同利用する会員制有料サービスで、札幌市中心部の専用駐輪場で乗り降りする。昨季(昨年4~10月)は新型コロナウイルスの感染を避ける移動手段として利用者が増え、会員登録数は前季の2倍近い2万8千件超になった。

残り:201文字/全文:406文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る