PR
PR

胆振東部地震で地盤沈下 里塚3公園 札幌市が再整備案

 札幌市は胆振東部地震から3年となる今年秋をめどに、液状化で地盤沈下が起きた清田区里塚地区の3公園を再整備する。市は再整備プランをまとめ、イメージ図を住民に公表。今月中に町内会と協議して最終設計を決める。市は夏祭り会場や子どもの遊び場などとして、住民が再び集えるような公園整備を行うとしている。

 3公園は、里塚中央ぽぷら公園(2785平方メートル)、里塚中央みどり公園(345平方メートル)、里塚つくし公園(585平方メートル)。

残り:394文字/全文:609文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る