PR
PR

「来月に野党候補一本化を」市民の風、会見で呼び掛け 衆院道2区補選

[PR]

 4月25日投開票の衆院道2区(札幌市北区の一部、東区)補欠選挙で野党共闘を求める市民団体「市民の風・北海道」の川原茂雄共同代表らが13日、道庁で記者会見し、候補擁立をそれぞれ決めている立憲民主党と共産党に来月の早い時期の一本化を呼び掛けた。

 川原代表はいずれも札幌市内で行う16日の街頭演説会、30日のシンポジウムに両党幹部を招くと説明。これらに合わせて共闘方針を確認するよう両党に求め、「補選の共闘を弾みに(次期衆院選では)全国で共闘を成し遂げ、政治の流れを変える道筋をつけることが大事」と強調した。

残り:99文字/全文:351文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る