PR
PR

元道警警部補に有罪判決 不正速度取り締まり 札幌地裁

[PR]

 道警交通機動隊員がパトカーのレーザー式速度計測装置の記録を捏造(ねつぞう)した不正取り締まり事件で、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた元警部補吉本潤被告(58)=恵庭市、懲戒免職=の判決公判が13日、札幌地裁であった。中川正隆裁判長は「刑事司法をないがしろにする犯行で悪質」として、懲役2年6カ月、執行猶予5年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。

 判決理由で中川裁判長は、吉本被告が客観証拠であるはずの速度測定記録を偽造し、自らの実績づくりののために不正な取り締まりを重ねたと認定。「捜査機関への信頼を大きく損ねた。警察官の職務の重要性への意識があまりに低い」と断じた。不正を認めて捜査に協力したなどとして執行猶予付き判決とした。

残り:264文字/全文:581文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る