PR
PR

函館のコロナ感染者累計200人超 12日は道南10人発表

 【函館】函館市内のコロナ感染者が8日に計200人を突破し、12日までに累計228人に達した。100人を突破したのは昨年12月11日で、市内でも感染が拡大している実態が浮き彫りとなっている。最近は年末年始の帰省をきっかけに感染する事例が多く、飲食の場などでの感染対策徹底について市立函館保健所は改めて注意を呼び掛けている。

 月別感染者数は昨年11月が72人、同12月が90人、1月は12日に同保健所が発表した6人を含めこれまでに57人だった。昨年12月下旬には市内の薬局と函館商業高でクラスター(感染者集団)が発生した。感染者は薬局は計13人、同校は計17人に上った。同保健所は、いずれも濃厚接触者の把握や検査は終えたことから、収束したとみている。

【関連記事】
コロナが奪った平穏な日々 道南の60代女性「いつまで偏見続くのか…」
道南感染者 累計292人に 年末年始24時間相談態勢
五稜郭タワー、14日から臨時休業 緊急宣言受け

残り:416文字/全文:829文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る