PR
PR

北海道eスポーツフェスティバル 1~2月に札幌市で初開催

 コンピューターゲームの技術を競う「eスポーツ」の道内最大級のイベント「Hokkaido esports Festival」が、1月下旬から2月にかけて札幌市で初めて開かれる。競技会や多彩なセミナーを展開し、eスポーツの可能性を発信する。

 バスケットボールBリーグ1部のレバンガ北海道、北海道新聞社などの企業や団体でつくる「北海道eスポーツ協会」が主催し、毎年開く計画。1月30日~2月21日の期間内に計9日間、イベントなどを行う。

 2月11日以降がメインの会期で、パズルゲーム「ぷよぷよ」など5つの競技会をオンラインで配信する。

 関連イベントでは、11日にeスポーツ関係者が道内外の競技の現状を語るトークイベントを実施。13日に「子どもがeスポーツと上手に付き合う方法」など競技の裾野を広げるセミナーをオンラインで配信する。

 北海きたえーる(豊平区)では、レバンガの公式戦に合わせたイベントも企画。1月31日は、試合前にeスポーツ選手とレバンガの折茂武彦代表らがサッカーゲームで対戦する。2月14日は、北海道情報大の学生が作ったゲームの体験ブースを会場に設ける。

 オンライン配信を含めたイベントへの参加は無料で、申し込みは不要。ただし、レバンガ公式戦の会場イベントはチケットが必要。特設ホームページ(http://esports-hokkaido.com/hef2021/)で随時、詳細を発信する。問い合わせは同協会事務局(電)011・378・9844へ。(岩崎志帆)

【関連記事】
旭川市に「eスポーツ」競技場 21年1月オープン
eスポーツプロに 苫小牧の高3・寺田さん 東京の企業と契約
<吉原宏太 次のゴールへ>eスポーツがサッカーに貢献?
【動画】熱い「eスポーツ」体験 札幌の専門学校

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る