PR
PR

江差の町営温泉、天井落下 けが人なし 当面は閉鎖

 【江差】町内尾山町の町営温泉「町ぬくもり温泉保養センター」で、男湯の天井の一部が落下していたことが7日、町への取材で分かった。同センターは年末年始の休業中だったため、けが人はいなかった。町は6日の営業再開を取りやめ、当面の間、同センターを閉鎖し、落下の原因を調べる。

 町によると、落下したのは縦約4メートル、横約4メートルの範囲の木製建材。施設管理を委託されている尾山町内会の管理人が4日午前、男湯の洗い場に建材が落下していることに気付き、町に連絡した。同センターは昨年12月31日午後3時まで営業した後、休業していた。天井は休業中に落下したとみられる。

残り:77文字/全文:355文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る