PR
PR

エア・ドゥ初号機ありがとう ボーイング767退役、特別ツアー 乗務員サロペットでおもてなし

 AIRDO(エア・ドゥ)は、1998年12月の就航時から22年間使用していた初号機のボーイング767(286席)が20日に退役するのに合わせ、9日から同機の運航便で「ありがとうツアー」と題したキャンペーンを行う。

 就航当時の航空券をイメージした「初号機搭乗証明書」を乗客に発行するほか、客室乗務員が「サロペット」(胸当て付きパンツ)の初代の制服を着用する。対象は9~20日の新千歳―羽田便など計9便で、最終フライトとなる午後0時20分新千歳発、午後2時羽田着の便では、両空港で社員らが乗客を歓迎するセレモニーを行う。

残り:121文字/全文:380文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る