PR
PR

よつ葉自販機 帯広駅に復活 地元の声受け再設置

 JR帯広駅構内に、よつ葉乳業(札幌)の飲料自動販売機が復活した。老朽化で昨年5月に撤去されたが、十勝は同社の発祥地でもあり「玄関口の帯広駅に商品を置くべきだ」という地元の声などから再登場した。

 同社によると現在、よつ葉乳業の自販機は道内の駅では帯広だけ。1996年に完成した現駅舎の前の3代目駅舎からあり、学生を中心に愛用され、駅の名物の一つになっていた。

残り:119文字/全文:298文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る