PR
PR

<酒どころ道北再脚光>増毛・国稀酒造 農業・漁業と歩み140年

 国稀酒造が留萌管内増毛の地に誕生して約140年。漁業と農業が基幹産業のマチで、今やなくてはならない存在になっている。

 増毛の漁師たちは古くから、航行の安全と豊漁を祈願し、船内の神棚に国稀酒造の日本酒を供えてきた。

 「漁船に揺らされた酒は、まろやかになりおいしくなる」という言い伝えがあることから、増毛漁協青年部が2008年、漁船に載せた原酒を使った酒造りを国稀酒造に依頼した。

残り:341文字/全文:530文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る