PR
PR

北海道療育園が記者会見 感染対策で入所者の運動機能が低下

 【旭川】新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生している旭川市の重症心身障害者施設「北海道療育園」の林時仲(ときつぎ)園長が29日、市内で記者会見し、一部の入所者の運動機能が低下していることを明らかにした。

 療育園には重度の身体障害や知的障害がある2~79歳の計332人が入所。療育園は1日のクラスター確認後、29日までに入所者104人と職員69人の計173人が感染したとしている。

残り:252文字/全文:453文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る