PR
PR

クラスター発生 道療育園・林園長会見 「支援ありがたかった」

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生している重症心身障害児(者)施設「北海道療育園」の林時仲(ときつぎ)園長が29日、市内で記者会見を開いた。同園では入所者104人、職員69人の計173人が感染。園内の感染対策を説明し、市内外からの人的・物的支援への感謝を述べた。主な一問一答は次の通り。
――感染拡大が続く園内の状況は。

 「感染した入所者の多くは軽症で、外部からの支援などで職員数は平時と同程度を確保できるようになった。感染した職員も現場に徐々に復帰しているが本調子ではなく、入所者への介護量は平時の半分ほどだ」

残り:465文字/全文:729文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る