PR
PR

ホッケ漁の臨検最多98隻 羅臼安全操業 競り参加に遅れも

[PR]

 【羅臼】北方領土・国後島周辺海域で行われた今季の安全操業のホッケ刺し網漁で、羅臼漁協(根室管内羅臼町)に所属する漁船にロシア国境警備局が乗り込み、操業日誌の点検などをする「臨検」が延べ98隻で行われた。1~3月に行うスケソウ刺し網漁を含め、1998年の安全操業開始以来、過去最多となった。

 同漁協など複数の関係機関がまとめた。今季は9月16日~12月24日に16隻が操業した。臨検がなかった月はなく、11月25日~12月12日に半数以上が集中した。同漁協によると、ロシア側の調査が長引き、午後3時最終の競りに間に合わなかった漁船もあった。

【関連記事】
ロシア臨検、今年も操業に影 根室の漁船拿捕1年 安全水域で漁具損壊「どんどんやりづらく」
函館イカ不漁、中国船の影 推計漁獲量は日本の10倍
イカもサケもホッケもサンマも不漁 函館市場 取扱量最少ペース
道沿岸 水揚げ様変わり サンマ・イカ不漁 ブリ・シイラ続々 水温上昇一因? 漁業者ら困惑
<水産サバイバル サンマはどこへ>上 道東沖に異変 弱まる親潮 近海来遊せず

残り:114文字/全文:571文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る