PR
PR

道物産展、東京の会社が代行 元日から 送料の負担軽減

 東京の中小企業支援会社が道内21店の食品を集めた道物産展「北海道コレクション」を初企画し、元日から東京・有明で開催する。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要が増す中、首都圏への送料の高さに悩む道内店が多い点に着目。販売を代行するなどで店の負担軽減を図り、人口増加地域で道産品をPRする。

 会場は大型商業施設「有明ガーデン」(江東区)。デパートの物産展などでは一般的に参加店が自ら販売を行うが、今回は参加店から事前に送ってもらった物品を約200平方メートルの区画に集め、現地スタッフが販売を一手に担う。感染対策で飲食スペースは設けず、全て持ち帰り形式とする。

【関連記事】
ユジノで北海道フェア開幕 道産66品目を販売
巣ごもり消費、お歳暮を豪華に 釧路の師走商戦
バイヤーも太鼓判 チップ丼 支笏湖漁協が新商品 道外の物産展で販売へ
小樽の業者、販売好調 全国各地で再開「北海道物産展」 購買意欲の高まり追い風
「白い恋人」中国通販に力 石屋製菓、観光客減で戦略転換

残り:494文字/全文:923文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る