PR
PR

小樽のシャコ漁 回復傾向 年間漁獲高、前年比57%増

 小樽沖の秋シャコ漁が終了し、漁獲量は前年より4割強増え、30・1トンだった。今年は春シャコ漁も前年比8割増と好調で、年間では前年比57・5%増の45・8トン。シャコが刺し網に掛かりやすくなる、しけの日が多かったことが一因とみられる。

 秋シャコ漁は10月15日に解禁され、今月10日までの漁期に62隻が操業した。

残り:203文字/全文:359文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る