PR
PR

3次補正15兆4271億円 閣議決定 20年度歳出175兆円超

 政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた2020年度第3次補正予算案を閣議決定した。一般会計歳出は15兆4271億円で、観光支援事業「Go To トラベル」の延長などに充てる。補正後の20年度歳出総額は175兆6878億円と空前の規模に膨らむ。税収減もあり、新たな借金となる新規国債は22兆3950億円を追加発行。20年度の発行総額はリーマン・ショック時の09年度(52兆円)の倍を超え、こちらも過去最高の112兆5539億円となる。

 政府は8日決定した追加経済対策の裏付けとなる「15カ月予算」として、3次補正と21年度当初予算案を一体で編成。このうち3次補正分の経済対策は、予備費や既存予算の使い残し約4兆円も活用する形で19兆1761億円と設定した。

残り:416文字/全文:750文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る