PR
PR

国会議員、続く違法喫煙 専用室使わず議員会館自室で 自浄作用働かず

 国会議員の議員会館での違法喫煙問題で、一連の報道や衆参両院の議院運営委員会からの注意喚起があったにもかかわらず、一部の議員や秘書が議員会館事務所(自室)での喫煙を続けている。国会の自浄作用の無さが露呈しており、「議員特権」との世論の批判もさらに高まりそうだ。

 複数の関係者によると、改正健康増進法が施行された今年4月以降も自室で喫煙していた議員の大半は、問題の指摘を受けて各階にある喫煙専用室を利用するようになった。しかし取材によると、なお複数の議員や秘書が喫煙専用室に行かず、自室で喫煙している。

【関連記事】
国会議員、会館自室で喫煙 健康増進法に違反
国会議員の違法喫煙NO ネットで批判拡散 調査求める声 動かぬ与野党幹部
受動喫煙「減った」5割 札幌市市民意識調査
道議喫煙 札幌副市長「明らかな法律違反」 改善なければ厳格な対応検討
<みなぶん>入居の民間ビル 公務員は喫煙可? 室蘭市○、振興局× 割れる対応

残り:713文字/全文:1119文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る