速報
PR
PR

さっぽろ雪まつり中止へ 史上初 市長、実行委に伝達

[PR]

 札幌市の秋元克広市長は10日の臨時記者会見で、来年1、2月の「さっぽろ雪まつり」について、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「会場を設置しての開催は厳しいのではないか」と述べ、事実上中止する考えを示した。札幌市や札幌観光協会でつくる実行委に対し、オンライン開催などの代替策を検討するよう伝えたという。実行委は来週中に正式決定する。中止は1950年の第1回以来初めて。

 雪まつりは例年、国内外から200万人台の観客が来場する道内最大規模のイベントで、2017年度の経済波及効果は650億円。今年の雪まつりについて、専門家が道内での感染第1波を誘発させたと指摘。実行委は6月、感染防止のため来年は大雪像の製作を中止し、中小雪像を中心とする規模縮小方針を発表していた。

 市長は記者会見で「今の感染状況で、1、2月により気温が低くなれば、規模を縮小しても、会場に誘客するのは難しいのではないか」と言及。一方、「70回以上続いてきた雪まつりは冬の風物詩。雪まつりの灯を消さないことが必要だ」と述べ、オンライン開催や過去の雪まつり映像を流すなどの代替策を検討する考えを示した。

【関連記事】
雪まつり開ける? 札幌の感染者連日100人超え
さっぽろ雪まつり、大雪像取りやめ 規模縮小 オータムフェスト中止
ススキノの接待飲食店 市が従業員のPCR検査費用負担
コロナ宿泊療養施設「精神的にきつい」 面会禁止/3食弁当/洗濯も自室
医療・福祉施設のクラスター増加 死者増の要因に? 飲食店は減少

残り:101文字/全文:737文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る