PR
PR

中国企業「白老牛」を出願 自国商標登録に 町は対抗 マークも類似

 【白老】中国の企業が、同国で商標などを管理する国家知識産権局に、胆振管内白老町のブランド牛「白老牛」の名称とマークの商標登録を出願していることが分かった。白老牛のマークは白老町が国内で商標登録しており、中国で出願されたマークはそれと類似している。町は既に同局に申請を認めないよう異議を申し立てており、中国の企業に対抗する構えだ。

 町は昨年12月、町内の事業所からの情報提供でこの事実を把握した。出願の公告期限の今年2月、町は同局へ異議を申し立て、7月に受理。現在、同局が審査中で、来年3月か4月に結果が判明する見込み。

残り:303文字/全文:563文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る