PR
PR

旧ロシア領事館、市文化財指定求め署名活動 函館の市民団体

 【函館】函館市が売却手続きを進めている旧ロシア領事館(市船見町)について、市内や市近郊の市民団体でつくる「旧ロシア領事館を考える会」は8日、市の文化財指定を求める署名活動を始めた。

 市は売却先を募る要項で、正面玄関の装飾や階段など内部の一部の保存を求めている。しかし、同会は「これ以外にも貴重な場所がある可能性がある」と指摘。内部を変更する際は市教委に事前の申請・許可が必要となる市文化財への指定を市に求めるため、署名活動を行うことにした。

残り:279文字/全文:500文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る