PR
PR

戦没学徒らの作品演奏、東京芸大 「音楽で語り継ぐことに」

 東京芸術大(東京都台東区)は6日、太平洋戦争中に学徒出陣で命を落とした学生や卒業生らが残した楽曲の演奏会を開いた。日米開戦のきっかけとなった米ハワイ真珠湾攻撃から8日で79年。企画した音楽学部大学史史料室の橋本久美子非常勤講師は参加者に「演奏とは、作曲者と奏者の対話。私たちは直接の戦争の記憶を持たないが、語り継ぐことにつながるのではないか」と呼び掛けた。

 演奏会では、戦没した5人の声楽曲や合唱曲が紹介された。大学史史料室のこれまでの調査では、音楽学校在籍中に出征した学生は76人。男子学生の5人に1人に当たるといい、うち11人が戦死した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る