PR
PR

大阪「赤信号」初の週末 観光スポットには人出も

 大阪府では5日、新型コロナウイルス対策で警戒度が非常事態に当たる「赤信号」に引き上げられてから初の週末を迎えた。吉村洋文知事による不要不急の外出自粛要請が出され、繁華街の人出は少し減ったものの、「要請は気にしない」と人気スポットを楽しむ観光客らの様子も見られた。

 大阪市港区の水族館「海遊館」前では、写真撮影を楽しむ家族連れやカップルの姿。同館は新型コロナの感染が拡大した3月から休館し、6月に営業を再開。時間指定券を使い、入館率を常に約3、4割にとどめるなど対策を取ってきた。

 観光で来た広島市の女性は「コロナは怖いが、繁華街に行かなければ大丈夫」と話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る