PR
PR

コロナ相談新体制、地域で差 札幌、かかりつけ医と連携進まず 帯広は医師会主導、円滑に移行

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、発熱などの症状がある人の相談体制が11月に変更されて1カ月。保健所だけで担ってきた電話相談窓口を、かかりつけ医など身近な医療機関に切り替え、迅速な検査や診療につなげる目的だが、札幌市では混乱が出ている。同市は「患者が殺到しかねない」として、検査などが可能な医療機関のリストをかかりつけ医に渡さず、市の相談窓口に電話が殺到。一方、医師会主導でリストを共有した十勝管内では移行が円滑に進むなど地域間で格差が生じている。

 「始まって1カ月だが全体状況を把握できず、大変な状態が続いている」。札幌市保健所の担当者は1日、こう漏らした。PCR検査などに対応する「診療・検査医療機関」のリストをかかりつけ医と共有できず、市の相談窓口に電話が集中しているためだ。

残り:989文字/全文:1340文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る