PR
PR

JR小樽駅の旧駅長室公開 28、29日 北海道鉄道140年記念

 JR北海道は28日、JR小樽駅4番ホームにある旧駅長室を特別公開した。道内初の鉄道、旧幌内鉄道が小樽市手宮―札幌間に開通して今年で140年となることを記念する事業の一環。来場者は普段は公開されていない内部を興味深そうに眺めた。

 旧駅長室は1934年(昭和9年)の完成当初の面影が残るレトロな雰囲気。室内には姉妹駅の上野駅(東京)から贈られたパンダのぬいぐるみや、幼少期を小樽で過ごした昭和の大スター、故石原裕次郎さんの写真などが飾られている。

残り:144文字/全文:366文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る