PR
PR

沼田町、留萌線開業110周年事業 石狩沼田駅で乗降客に三線演奏

 【沼田】JR留萌線が開業110周年を迎えた23日、町は石狩沼田駅で記念事業を行った。町職員やボランティアが特設の駅カフェで町特産のトマトジュースやコーヒーを乗降客にプレゼントしたほか、しの笛や沖縄県の三線(さんしん)の演奏を行い、駅を盛り上げた。

 留萌線は1910年(明治43年)11月23日に深川―留萌間が開通。21年(大正10年)11月に延伸した留萌―増毛間は、2016年12月に廃止になった。JR北海道は、同年に留萌線の廃止・バス転換方針を示し、沿線自治体との協議が続いている。

残り:126文字/全文:369文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る