PR
PR

GoToトラベル、札幌停止の公算大 道、条件付き容認へ 西村再生相、「知事の意向尊重」

[PR]

 道は22日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」について、新型コロナウイルスの感染が集中する札幌市内を中心に旅行予約の一時停止を求められた場合、容認する方向で調整に入った。条件として対象を全道ではなく地域を限定し、旅行のキャンセル料は国が負担することなどを求める。首相官邸関係者は同日、道が容認すれば札幌など一部地域を対象にすると明言。札幌での一時停止の公算が大きくなった。

 調整が進めば、23日にも鈴木直道知事が方針を示す。道は「Go To トラベル」を巡り、政府の旅行の新規予約の一時停止方針を受け、国土交通省などと実施時期や対象地域の絞り込みを続けている。停止期間は2~3週間とし、感染が落ち着けば年末までには再開させたい考えだ。

残り:424文字/全文:746文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る