PR
PR

小樽観光、道外客底支え 札幌との往来自粛要請後、初の3連休 「イート」に制限 3密対策追い付かず

 道が札幌との不要不急の往来自粛を求めてから初めての週末3連休。小樽市内の観光地では22日、雨天にもかかわらず家族連れなどが多く見られ、観光業者は胸をなで下ろした。客の大半は政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用した道外客。政府は同事業の一時停止を打ち出し、先行きの不透明感は増している。

 「感染拡大している札幌市内は怖いので、小樽観光に来ました」。家族3人で札幌市内のホテルに2泊する予定の大阪府寝屋川市の会社員山下久伸さん(55)は22日、小樽運河近くで話した。出発直前には旅行するかどうか迷ったが「ツアーのキャンセル料が約30万円もかかると聞き、決行した」という。

残り:461文字/全文:751文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る