PR
PR

山田、男子1500制す 土屋良、1万で国内最高 スピードスケート全日本選抜

 スピードスケートの全日本選抜競技会八戸大会最終日は22日、最終日は男女4種目が行われ、男子1500メートルは山田将矢(日本電産サンキョー、池田高出)が1分46秒65で制し、土屋陸(日本電産サンキョー)が2位となった。同1万メートルは土屋良輔(メモリード)が13分16秒10の国内最高記録で優勝した。

 女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大職、帯南商高出)が1分55秒60で優勝。押切美沙紀(富士急―駒大苫小牧高)が1分57秒11で2位、高木菜那(日本電産サンキョー―帯南商高)が3位だった。女子5000メートルはウイリアムソン・レミ(大東大、浦河第二中出)が7分12秒50で勝った。

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る