PR
PR

新千歳混雑、観光地は閑散 「我慢の3連休」初日 「感染対策徹底して楽しむ」/GOTO停止「先行き見えぬ」

 新型コロナウイルスの感染急増を受け、日本医師会が道内を含む感染拡大地との往来自粛を求めた「我慢の3連休」が21日に始まった。新千歳空港は旅行客や帰省客で混雑した一方、道内の観光地は自粛ムードで閑散とする施設も。観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止が決まる中、観光関係者からは「先が見えない」「影響を最小限に」と悲痛な声も上がった。

 新千歳空港の到着ロビーはこの日、スーツケースを手にする道外からの家族連れらで混雑した。

 「旅行の中止も考えたが、キャンセル料が高くついてしまう」。横浜市から来た30代女性はこう話した。「Go To」で1カ月前、家族5人分の旅行を予約し、2泊3日で札幌や小樽、旭川を巡る予定。札幌を中心に感染が急拡大し、不安もあるが「感染に気をつけて行動し、おいしいご飯を楽しみたい」と語った。

 菅義偉首相は21日、「Go To」の運用見直しを表明。感染拡大地域への旅行の新規予約を一時停止する方針で、感染が急拡大する札幌市が対象に浮上している。

 札幌・ススキノ地区の洋食店「ビストロます家5札幌店」の田上秀和店長(46)は「札幌の感染状況から、いつか外れると予想していた」と冷静に受け止めた。

 大阪市のパート職員下賀祐美子さん(68)は「Go To」を使い、3泊の日程で20日に札幌入り。「密」を避けるため、同市北区の北大総合博物館を訪れた。初日はススキノでの夕食を避け、JR札幌駅地下街で買った海鮮丼をホテルで食べた。

 釧路市の釧路和商市場では、旬のシシャモを買い求めたり、名物の「勝手丼」を味わったりする観光客らでにぎわった。釧路和商協同組合の柿田英樹理事長(57)は「お客は先週の2倍ほどでかなり多い。厳しい寒さを迎えるが換気を徹底し、市場一丸で感染防止に努めたい」と誓った。

 観光客の姿がまばらな施設も目立った。帯広市内の屋台村「北の屋台」は、店主の感染により24日まで全20店が休業中。出張で訪れた大阪市の会社員男性(45)は「地元の料理を食べたかったのに」。近くの飲食店街「十勝乃長屋」も人通りはほとんどなく、十勝乃長屋会の葛西智会長(47)は「金曜日もゴーストタウンのようだったのに」と肩を落とした。

残り:292文字/全文:1213文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る