PR
PR

感染地域へのGoTo予約停止 札幌市も対象に浮上 首相「継続」から一転

 菅義偉首相は21日に官邸で開いた新型コロナウイルス感染症対策本部で、観光支援事業「Go To トラベル」の運用見直しを表明した。感染拡大する一部地域への旅行の新規予約を一時停止する。時期や対象地域には言及しなかった。複数の政府関係者によると、札幌市内が対象に浮上している。「Go To イート」も、プレミアム付き食事券の新規発行停止などの検討を都道府県に要請する。

 GoToトラベルは経済を重視する首相の目玉政策で、感染拡大にはつながっていないとし、一貫して継続を訴えてきた。見直しは大きな方針転換だが、具体的な内容は固まっておらず、感染拡大が進む中、対応が遅いとの批判を浴びるのは必至だ。

残り:417文字/全文:713文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る