PR
PR

函館でコロナ感染14人 市、道に宿泊療養施設要望

 市立函館保健所は19日、函館市在住の14人について新型コロナウイルスの感染を確認した、と発表した。同保健所の日別の発表数では過去最多。このうち11人がクラスター(感染者集団)が発生した市内の飲食店関連で、市職員2人も含まれる。新型コロナの感染拡大を受け、市は道に対し、軽症者を受け入れることができる宿泊療養施設を市内に早急に開設するよう要望した。

 同保健所によると、これまで1日の感染確認の公表が最多だったのは17日の7人で、初めて1日で10人を超えた。市内の延べ感染数は、2月下旬から計50人に達した。

残り:753文字/全文:1006文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る