PR
PR

コロナ感染新たに13人 空知管内クラスター、今月3件 2病院、収束見えず

 空知管内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生が相次いでいる。18日には、月形刑務所で新たなクラスターが発生したことが判明。管内6例目で、このうち3件が今月に入って発生した。岩見沢市の北海道中央労災病院と滝川市の滝川中央病院での二つのクラスターは、8日の発生から10日が経過したが、現在までの感染者は職員と入院患者を合わせ、中央労災が計25人、滝川中央が計21人に上り、いまだ収束の兆しは見えていない。

 道が18日発表した感染者で、管内は新たに13人が確認された。道が居住地を公表している管内の感染者は195例。13人はいずれも軽症か無症状で、このうち5人が医療機関に入院している。クラスターが発生している滝川中央病院の職員と入院患者各2人の計4人の感染も確認された。

残り:590文字/全文:932文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る